遠隔地での建築、別荘、田舎暮らし、移住、Uターン、Iターンなど、「次の暮らし」を応援します。

NEXT Living事例
奈良市学園前から大分県大分市へ NEXT Living事例『ご夫婦の出身地大分県へUターン移住された森山様』

平成23年夏に神戸から大分県臼杵市にUターンされた板井様。以前から帰郷は考えておられましたが、定年になる約2年ほど前にご両親の介護等の問題が発生。学生時代まで生まれ育った郷里への思いを強くもたれるようになられました。

 

そこで、帰郷に合わせて検討を始められたのが大分での住まい。ご夫婦お話合いの上、新たに家を新築しようということで、近くの住宅展示場やインターネット等で情報収集を開始。ミサワホームを含めた住宅メーカー3社との商談が始まりました。

 

もともとご主人様がインテリア関連の仕事に携わっておられたことも有り、新築をご検討されるにあたって重要視されたのがやはりデザイン。

遠隔地での建築計画をサポートするミサワホームNEXT Livingのシステムに共感されたのは勿論、ミサワホームのデザイナーによる設計提案にも感銘され、ミサワホームでの建築を決意されました。

 

その後、ご夫婦とデザイナーの打合せが本格化。

建物の外観はもちろん、各部屋の細部に至るまで

こだわりの打合せを何度も何度も繰り返され、ご夫婦のイメージ通りの建物が完成。

シンプルモダンをコンセプトにした大きな吹き抜けを設えたリビングはご主人様一番のお気に入りの場所で、吹き抜けの開放感が居心地の良さを演出しています。

 

施工に関しても、「近畿と九州のスタッフに常に連携して対応していただき、遠隔地での建築でしたが安心して任せられました。」と満足しておられます。

現在は、ご主人様だけが先行して臼杵にUターンされていますが、この冬には神戸から奥様とお嬢様も移り住まれる予定。臼杵でご家族皆さんでの生活がスタートします。

 

新居でお会いしたご主人様は再び郷里の土を踏まれもうすっかり臼杵の住人に。

これからは、身近に郷里での四季を感じながらご家族、ご両親と共に第二の人生を謳歌しようとしておられました。